2012/2/16 木曜日

 

診療日の変更について

長らく事情によりブログの更新を怠っておりましたが、診療日の変更もあり、気合を入れなおして、更新に努めることと致しましたので、よろしくお願い致します。


Filed under: 院長ブログ — sh1015 @ 19:52:41

2009/8/31 月曜日

 

「特定健診」 実施日時に関するお願い

  看護師等の充足困難な折から 健診実施日時を原則として毎週水曜日午前11時からとさせて 

 頂きますので宜しくお願い申し上げます。

 なお、来院患者さんの少ない時は臨機応変に実施できますのでお申し出下さい。

 


Filed under: 院長ブログ — admin @ 20:23:16
 

針治療の予約システムの変更について

針治療の電話予約システムにつきましては,都合により9月1日より電子化を休止し、鈴木整形外科外来の一般電話(o47-445-5020)を通して予約できるように改めました。 初診の方はセキュリティーの面から電話番号等をお伺い致しておりますのであらかじめご了承下さい。

なお、予約の空き時間が無い場合もございますが、御来院頂いてお待ち下されば治療は出来ますので宜しくお願い致します。


Filed under: 院長ブログ — admin @ 19:42:35

2009/1/2 金曜日

 

1月9日(金)午後休診のお知らせ

 都合により一月九日(金)午後を休診とさせて頂きます。

 急で申し訳ございませんが宜しくお願い致します。


Filed under: 院長ブログ — suzuki @ 19:10:07
 

新年のご挨拶

 久しぶりのご挨拶となりますが、先ずは「新年おめでとうございます」、

                                     心よりご祝詞申し上げます。?

 昨年3月に12年にわたる県医師会の役職を退き、再び診療に100%

                                     打ち込める環境となりました。

 在任中は各方面の方々に大変お世話になりました。深く感謝申し上げます。

                                        ありがとうございました。

 時間に余裕が出来たら、あれもやりたい、これもやりたいと心弾ませながら考えていましたが、

 山積みの書類や本の整理も出来ぬ中で、気持ちだけが空回りしているうちに、早くも2009年

 のお正月を迎えてしまいました。 早速、反省反省反省です。

 ダイエットはまだ維持・継続しており坐骨神経痛も殆んど起こらず、健康の方は問題ないと

思いますので、診療は東洋医学を多用しつつ、安全かつ効果的に要望に応えられるよう頑張

れると思います。

 ただ、時代の流れに遅れぬように、診療システムの改変は行ってゆくつもりで、多少ご迷惑

をおかけするかもしれませんが、ご容赦下さいますよう。

 どうぞ今年も宜しくお願い申し上げます。皆様のご健康をお祈り申し上げます。

 追伸 : 生活に趣味は欠かせません。

      とは言え、油彩画や楽器は停滞しっぱなしで恥ずかしい限り。

      でも、代わりにおたまじゃくしを追いかけながら「気道制御訓練」に励んでいます。 

      結構汗をかき、意外に運動になりますし、スペインやイタリアが身近になり楽しい

      ものです。


Filed under: 院長ブログ — suzuki @ 19:01:29

2008/2/15 金曜日

 

ダイエットの手法 (ダイエットシリーズ2)

 私のダイエット手法は野菜を中心とした食事とおやつ厳禁といったものです。 具体的なルールは次の通りです。@おやつ・夜食は厳禁(好きな和菓子を食べたければ夕飯のデザートとし、それに見合う米飯を減ずる)A生野菜中心の食事を1日3回食べる B牛・豚などは魚の刺身・酢の物などに変え、揚げ物・カレー・バターなどは不可 C塩分は極少量に、香味料を使い素材の味を楽しむ Dビールは平常どおり、但しつまみは枝豆・野菜スティック程度に E外出時は野菜サラダがあり、味付けの淡い店を選択する Fゆっくり良く噛む。(生野菜は良く噛まぬと飲み込めないので好都合)G飲料水は水・緑茶・ウーロン茶程度、紅茶・コーヒーはミルク・砂糖使用せず H 大好物の豚カツ・カルビー焼肉・激辛ラーメン・パスタ類・から揚げ類は特に避けること I麺類はうどんより蕎麦etc? これらを6ヶ月間ほぼ完璧に守りました。Hは辛かったのですが、この10ヶ月間で1〜数回位食べたでしょうか。酔っても無茶食いしなくなった言われます。ただし、ビール・日本酒などは宴会・コンパ等では好き勝手に飲んでいます。これを許しているのが、もしかしたら継続できている秘訣かもしれません。それと重要なことは友人等周囲の人にダイエット実行を宣言することです。もうひとつ、体重を毎日測定し、記録しておくことです。出来れば主な行事や食事のメニューを記載しておくと、色々な氣づきがあります。この10ヶ月、あんなに好きだった米飯を殆ど食べることがなくなりました。おやつは和菓子が殆どですが、生クリームの使ってないパイやマドレーヌがこれに変わってしまったと言えます。食養の先生からは叱られそうです。最後に運動についてですが、出来るだけ歩いて、駅のエレベーターやエスカレーターを使わぬ様にしてますが、時間に間に合わぬときなどは掟を破ってしまいます。まあ、掟を全く破れないのもストレスとなるでしょうから。まあいいかな。この程度の感覚でうつ病は防げるでしょう。では失礼します。


Filed under: 院長ブログ — suzuki @ 16:33:47
 

ダイエット成功の秘訣

食の喜びを絶つのは辛い。我慢・我慢の辛さが続くこと2ヶ月あまり。やっと3s位減量出来ると、これなら出来るかもと期待感が湧き、これが動機づけとなり、目標を次々と高めて減量の速度も速くなる。5ヶ月頃になると7〜8s減量、気をつけぬと身体が高カロリーに対し強度の嫌悪感を覚え、?拒食症傾向となる。減食が急速に進むと疲労し易くなり、少しばかり根気がなくなり、夜はすぐ眠くなり、仕事量も減ってくる。この辺の変化が診療や会務に少々影響してくる。急速な減量の欠点はこの辺なのかも知れぬ。構わず突っ走り、ゴールは苦しさも無く、6ヶ月で目標の10kg減量を達成した。70kgの体重は60kgに、88cmのウェストは78cmに、正に夢のようである。ズボンもジャケットも借り物のようにゆるくなり、おおっぴらにデパートで新調した。襟はともかく靴のサイズまで小さくなるのは知らなかった。コート購入時、店員さんにSサイズで宜しいですねと言われ、思わず聞き返した。物心ついてから初めてのSサイズである。肩周辺の筋肉・脂肪が減ったのだろう。何よりの利点は膝関節内側の痛みが無くなり、電車に遅れぬように駅まで走っても以前のように次の駅までドキドキハーハーすることが無くなったことである。痛むたびに自分で皮内針を留置し誤魔化す必要も無くなった。出掛ける時のカバンは平均3kg以上であり、13kgの荷物を背負って走っていたことを考えるとよく頷ける。成功の秘訣は継続にあるようだ。日記をはじめ3日坊主の自分が不思議な感じである。因みに、現在の体調は絶好調である。2kg程度の増減は意識次第で増減出来るようになったのも収穫であった。


Filed under: 院長ブログ — suzuki @ 15:00:56